賃貸情報の見方と不動産会社の選び方

良い部屋を探すためには、賃貸情報の見方と不動産会社の選び方が重要なポイントになります。
賃貸情報を見る際の注意点や不動産業者の信頼度チェック・業務の違い・選び方などについて知っておくことが大切です。
賃貸情報を見る際の注意点としては、広告に掲載されない情報項目もあるということを認識しておくことです。
情報誌ではスペースなどの関係から全ての情報項目が掲載されていませんし、更新料や仲介手数料などの金額も掲載されていません。
ですから、こうした細かい情報に関しては、自分で実際に不動産会社に確認する必要があります。
次に、格安の物件として広告をだして、お客をお店に誘引することを目的にした「おとり広告」というものが存在します。
おとり広告は法律違反ですがゼロではないので十分注意しましょう。
あと、情報は「足」が早く、特に1月〜3月のシーズンでは1〜2週間で決まるといわれています。
ただ、焦って決めてしまい後悔したり、後でトラブルになったりしないように、慎重に判断することも大切です。
賃貸物件を扱う不動産会社の業務としては、管理と仲介の2種類に大きく分けられます。
管理業務は、家主から依頼されて物件の管理や家賃集金などの業務を行いますし、直接入居者募集の業務を行うこともあります。
仲介業務は、希望に合った物件を探し出して、現地案内や契約までの交渉などを、入居希望者の対場に立って行ってくれます。
次に、広告に「取引態様」が書かれているので、その違いについても知っておきましょう。
媒介は、家主や他社から依頼されて物件の仲介をするという意味です。
代理は、家主の依頼で不動産会社が管理している物件の入居者を募集するという意味です。
貸主は、自社が所有している物件を賃貸するという意味です。
ですから、貸主なら自社物件なので仲介手数料がかかりませんが、代理や仲介の場合は取引の仲立ちをするので仲介手数料が必要になります。
不動産会社の種類は、「大手の支店やフランチャイズ店」「地元の大手」「地元密着の老舗会社」の3つに大きく分けられます。
それぞれ特徴がありますし、メリットとデメリットがあるので、それらを理解して選択すると良いでしょう。
ただ、どの不動産会社でもいえることですが、何といっても「信頼」できることが第一条件です。
そこで、「宅建免許番号」をチェックしましょう。
特に、()内の数字は免許更新の回数を意味していて、問題のある業者では更新ができないので信頼度のチェックができます。
更新は5年に一度行われていて数字が大きいほど長年営業していることになります。

お勧めの賃貸情報をチェック!